芸能・アイドル

2012年1月25日 (水)

ザ・タイガース@武道館 鑑賞ログ

Img_0009_4
昨晩、ザ・タイガースのツアー・ファイナルを武道館で観た。
沢田研二の言葉によれば『メンバーのみんなが揃ってはじめてタイガース』とのことなので、正確には『沢田研二コンサート ゲスト:瞳みのる、森本太郎、岸部一徳』なのだが、演る曲目がファニーズ〜タイガース時代の持ち曲のみとなると、ファンからすればまぎれも無い『ザ・タイガース』だ。

ステージは通常のコンサートと同じく北側に組まれているが、客席はその後ろ側の1、2階席まで解放し、全面使用の大入り満員。
客電が落ちていよいよメンバーが登場となると、アリーナは演奏前から総立ち。
やむなくわたしもスタンディングで鑑賞。
客層から考えていきなりの総立ちを予期していなかったわたしが甘かった!
最近の中高熟年はパワフルだ!
ビートルズの『Mr. Moonlight』で始まり、あとはもうヒット・パレード。
いつのまにか一緒に口ずさんでいた。

1部の中盤、サリーが一人楽器をおろしたのでどうしたのかと思ったら、ここでシローの登場。
期待と予想はしていたものの、お兄さんの肩を借りてステージ中央に用意された椅子まで歩く姿と、それを見守るメンバーの笑顔が本当に感動的だった。
ジュリーからの問いかけにボソボソと答えた後、タイガース時代の彼の持ち曲、ビージーズの『若葉の頃』を歌い、弱々しくも彼独特の口調でステージに上がって歌えた事をみんなに感謝する姿に涙が出そうだった。
これを機会にまた元気になってくれることを祈った。

その後ヒット・パレードは続き、約1時間の1部が終了。
15分の休憩を挟んでの2部も殆どの曲が一緒に歌えるヒット曲が続き、増々の盛り上がりを見せながらアンコールへと。
その頃にはアリーナはもちろん、全席がスタンディングだった。

2回目のアンコールでストーンズの『Satisfaction』。
これで去年9月から始まったツアーが幕を閉じた。
と思いきや、とどめにピーが一人で出て来てステージから客席に向かってテープとスティックを投げるサービス。

長年スティックを握っていなかったというピーのドラミングは40年前と変わらずパワフルだったし、サリーのベースも本当にかっこよかった。
それぞれの活躍ぶりを知っていたせいもあるのかも知れないが、よくあるGSの再結成の懐メロ感が全く無く、その貫禄はやっぱりGSの王者だったんだなと実感した。

40年ぶりにメンバーとのわだかまりを解き再会を果たしたピーは勿論、無理かと思われたシローも参加できたこのファイナルまでの38ステージはみんな本当に楽しかったことだろう。
ジュリーが言う通り、いつかトッポも参加して本当のザ・タイガースとして復活して欲しい。

関連記事: 2011年9月7日 ザ・タイガース復活!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

ザ・タイガース復活!

1971年に武道館でのコンサートを最後に解散したザ・タイガースがいよいよ明日、9月8日に復活する。
解散後、芸能界と一切の接触を絶っていたドラムの瞳みのる(ピー)も参加のオリジナル・メンバーが沢田研二のコンサートでの再結成だ。
加橋かつみは不参加ながら、実に40年ぶり!

Tigers1
わたし、10才の時からピーの大ファンで、当時通っていた神戸の小学校から国鉄に乗って明治製菓のチョコレート工場を見学に行った事があった。
帰り際に全員にチョコレートが貰えたのだが、わたしはチョコレートよりもそこら中に貼ってあったタイガースのポスターの方が欲しかった覚えがある。

当時、チョコの包み紙か何か送ってメンバーの語りのソノシートが貰えるプレゼントがあって、もちろんわたしも応募した。
そして送られて来たのがこれ。

Pee_1_3
Pee_2_3
A面がピーと電話で話しているという設定、B面は全員でファンに追いかけられて大変だというようなトーク。最後に彼らが歌っていたCMソング。

電話のベルが鳴って『もしもし、ピーです。やあ、君かぁ。』なんてセリフで始まるのだが、途中から掛かって来たのか掛けたのかわからないしゃべりになってくる。
当時からその辺ちょっと気になったのだが、なにしろピーの声が聞こえてくるのだから嬉しかった。
自ずとドラムに興味を持つ訳だが、ドラムなんて買ってもらえる訳も無く、スティックだけ買って枕を叩いていた。

解散後、慶應大学に入り中国語の研究者になり、慶應高校の先生になったというのも週刊誌か何かで知ってはいたが、今年2月に出版された自伝を読むとお気楽な教師生活でもなかったようだ。
前出のソノシートでも『中国語は上手いんだぜ』なんて話しているのだが、興味を持ったものを突き詰めるタイプの人のようだ。
当時からなんとなくそんな感じがして、そんなところからもファンになってしまったんだろうな。

そんな大ファンのわたしが再結成コンサートを見逃してはイカン訳だ。
ピーのドラミングは勿論、岸部一徳(サリー)のベース・プレイにも興味がある。
そこでチケットを押さえようとサイトを開いてみたら、なんと売り切れ!
アジャパー!
発売後即SOLD OUTになったらしく、呑気に構えていたわたしがバカだった。

明日の東京フォーラムを皮切りに来年初頭までのツアー、ピーさん、頑張ってください!

それにしても、武道館で解散したタイガース、何故武道館から再スタートにしなかったんだろう?
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

『だれも興味のないひげのおっさんの頭ん中』観劇

昨日、友人のギタリスト、I氏に誘われて『だれも興味のないひげのおっさんの頭ん中』という舞台を観てきました。
I氏が講師を務めるJapan Entertainment Academyの演技科の生徒さん達の第一回公演です。
Flyer02131_2
生徒さん達の舞台とは言え、構成&演出が奥居俊二氏なのでしっかりした舞台で、特別出演の桑野信義氏演ずる冴えない中年オヤジが会社の就業後にパソコンに書き貯めた不条理やシニカルなショートストーリーを、若い頃に亡くした彼女に読ませる、といった形で芝居が進んで行く。
UMESUGIホームページで不条理、シニカル、アイロニカルなストーリーを好んで作っている私たちには勉強になりました。
生徒さん達の今後の活躍に期待しております。
みなさんにも観ていただきたいのですが、残念ながらチケットはSOLD OUTだそうで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)