映画・テレビ

2011年7月30日 (土)

『大鹿村騒動記』鑑賞ログ

Img_top01
昨日、去る7月19日に惜しくも亡くなった原田芳雄の遺作『大鹿村騒動記』を観た。
近年実にいい味の芝居を見せてくれていただけに、その死はショックだった。
遺作となれば観ておかねばと向かった新宿の映画館は平日の昼間だというのに満席。
どうにか端の方に席を確保して観ることができた。

長野県大鹿村に300年続く村歌舞伎の主役を演じる主人公が原田芳雄で、普段は鹿肉料理を出す料理屋のオヤジ。
その店の名前がディア・ハンターならぬディア・イーター。
こういう細かいギャグが映画好きを笑わせる。
この鹿肉料理屋のオヤジを中心に巻き起こる騒動を歌舞伎の練習から本番への流れの中で語られるコメディーだ。

脇を固めるのが大楠道代、岸部一徳、石橋蓮司、小野武彦ら、癖のあるバイプレイヤーばかりで、実に間がいい。
それにも増して佐藤浩市、松たか子、三國連太郎という主役級の俳優が脇役に徹していて面白い。

劇中演じられる歌舞伎は『六千両後日文章 重忠館の段』、平家滅亡の後日談。
わたしの祖父が宝生流の謡曲の先生をしていたこともあって、このストーリーをおおまか知っていたのも幸いして、ちょっとしたセリフがこの歌舞伎にかかっているのも笑いどころだ。

観ていてちょっとした仕草や表情が名優森繁久彌を思わせるところがあり、原田芳雄もその域に達していたんだなぁと感じた。
決してさぁ観るぞと姿勢を正すような大作ではないが、原田芳雄の芝居がこれで見納めかと思うと本当に残念だ。

『仇(あだ)も恨みもこれまでこれまで』、いいセリフだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

ブリット・マスタング(Bullitt Mustang) Part 5 追記

一昨日のブログで紹介した GreenLight の '68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT ”Bullitt” 1:18 、新たに嬉しい情報が入った。

実車ではすべてのエンブレム類を取り外してあるのだが、モデルの方には残念ながらリアにMUSTANGの文字が残っていると書いてサンプルの写真を挙げたが、製品では文字は付いていないそうだ。

Bullitt_6_2
美しいなぁ。
本物と見紛う出来だ。
ナンバー・プレートのフレームが気にはなるが・・・

Steve McQeenの息子のChad McQeenが所有するかなり精度の高いレプリカがこれ。

Chads_mustang_02_2
Chads_mustang_01_2
さすが息子、こだわってます。

あぁ、物欲が押さえきれんなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

ブリット・マスタング(Bullitt Mustang) Part 5

待ちに待ったGreenLightの '68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT ”Bullitt” 1:18 がいよいよ7月に発売されるようだ。

昨年末の発売が噂されながらなかなか情報が入らなかったのだが、HOT WHEELSのBATMOBILE 1:18 も出るといってから2〜3年経ってからの発売だったので、これはまだ早い方か。

昨年の1:64の Diorama Seriesでかなりいい仕事を見せてくれたので、今回の1:18の出来にはかなり期待が持てる。

では検証。

05 いいなぁ。
ホイールのセンターのキャップが無いが、これはプロトタイプらしい。

04 このフォルムがたまらん!
しかしながら、よーく見るまでもなく『そりゃないやろ』な点が幾つか目につく。

まずはサイド・ミラー。
丸型に変更しているのがBullittの大きな特徴なのに、残念ながら角型だ。
位置も三角窓の底辺の真ん中辺りに付けて欲しかったなぁ。
ボディーと同色にペイントしてあるのがせめてもの救いだ。

リア・フェンダーのエア・インテイクがクロームのままだ。
実車はミラー同様ボディーと同じハイランド・グリーンにペイントされている。
映画では、辛うじて内側にクロームが残っているように見える。

リアのリフレクターのトリムもクロームになっている。
これもボディーと同色にして欲しかった。

01 パネルはつや消し黒だしフューエル・キャップも黒、バック・ランプ無し、いいですねぇ!
と思いきや、MUSTANGの文字が残ってる!

ちなみに、リアのパネルは黒ではなく撮影時の反射を防ぐためにつや消しスプレーを塗っただけという関係者の証言もあったが、映像を見る限りつや消し黒に見えるので、わたしはこれを正解としたい。

02 そっけない作りではあるが3本スポークのステアリングに換えてあるし、ここでは見えないがちゃんとマニュアルのシフト・レバーになっている。
ボンネット内のウインカーもちゃんと確認できる。
あ〜、ミラーが四角い、残念!

09 以上、なんだかんだ重箱の隅を突ついているが、やっぱり持っていたい一台だ。

おまけにこれもいい!

03 GreenLightの新シリーズ『Hollywood』の 1974 Dodge Monaco Blues Mobile 1:64
屋根の上に乗せる拡声器は付いてないが、なかなかの出来だ。

このシリーズで Supernatural の Chevrolet Impala '67 4 Door sedan 出してくれないかなぁ。

業務連絡: Mさん、毎度ありがとうございます!

関連ページ:カテゴリー「映画・テレビ」

P.S. U.M.E.S.U.G.I.も見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

昭和の景色

わたしが日頃利用している最寄り駅、小田急線百合ケ丘駅。
この間から一部工事をしているなぁと思っていたら、柵の付け替え工事だった。
その工事も程なく終わり、新しく金属製の白いフェンスに替わった。

Sn3k0140
駅の構造が谷になっていて、ホームが下で駅舎とそこに続く道が上にある。
フェンスの向こう、道とホームの間の土手には駅名通りユリが咲いたり、今の時期はずらっと植えられた桜並木が満開で、なかなか綺麗だ。
白いフェンスになる前、つい先日まではコンクリートの束柱に鉄パイプを渡した膝程の高さの古めかしい柵だった。

Sn3k0048_2
ホームの上に渡されたの橋の親柱に『昭和三十四年二月』と書かれたプレートがはめ込まれているので、恐らく柵も同じ時に作られたのだろう。

Sn3k0047
その二年後の昭和三十六年に公開された森繁久彌主演の映画『駅前団地』は、ここ百合ケ丘が舞台だった。

Ekimae_2
もちろん映画に映っている団地も駅舎も建て替えられ、景色は一変している。
映画に映っている物で唯一変わってないのが、このコンクリートの柵だった。
フランキー堺と淡路恵子が店をオープンし大団円を迎えるラスト・シーンが、正にこのコンクリートの柵の写真の場所だ。
またひとつ昭和の景色が消えてしまった。
アジャパァ〜。

P.S. かあちゃん、U.M.E.S.U.G.I.でも見てみっか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

謹賀新年 2011

2011umesugi

明けましておめでとうございます。

昨年、我がブログを見てくださった皆様、ありがとうございました。
今年もたま〜に極めて個人的な趣味の話などアップいたしますので、ご覧いただければ幸いです。

昨年末、実家に帰ったら親父が『最後の忠臣蔵』が観たいと言うのでお供しました。
いやぁ、泣けました。
友情、愛情、忠誠心、使命感、その使命の達成感を役所広司と佐藤浩市が見事に演じております。
わたしが近年観た映画の内で最高作と評価します。
映画好きな方は是非!

P.S. U.M.E.S.U.G.I.も是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月23日 (木)

ハワイ・ファイブ・オー (HAWAII FIVE-O)

2010年4月9日のブログにハワイ・ファイブ・オー(Hawaii Five-O)のオリジナル・サウンドトラックの事を書いたら、9月10日にCDが発売されました!
なんというタイミング!

H50_front
『ブリット(BULLITT)』のサントラ同様、またしてもFSM(FILM SCORE MONTHLY)から、40年経て初のCD化でのリリースであります。
新たなライナー・ノーツのおかげで、前のブログで書いた幾年も抱えていた疑問が解けましたよ。

オリジナル・サウンドトラック盤のプロデューサーであるメル・テイラー(Mel Taylor)が、エンジニアからオープニング・テーマを聴かされてベンチャーズ(The Ventures)で録ることにしたと語っていたのですが、プロデューサーならエンジニアから聴かされなくても知っていた筈だろうと思っていたのですが・・・

 作曲者モートン・スティーブンス(Morton Stevens)が1968年2月にパイロット版用のテーマ曲を録音。
 その音を聴かされたメル・テイラーが同年4月にベンチャーズで録音、9月にリリース。
 10月にスティーブンスがシリーズの内の1エピソード "Up Tight" のレコーディングにベンチャーズの3人、ドラム:メル・テイラー、ギター:ジェリー・マギー(Gerry McGee)、ベース:ボブ・ボーグル(Bob Bogle)を誘った。
(なんとこのセッションにペダル・スチールのレッド・ローズ(Red Rhodes)も参加していたとのこと。)
 スティーブンスがキャピトル・レコード(Capitol Records)からリリースのサントラのプロデュースをメル・テイラーに頼んで、スティーブンスが録っていた曲とベンチャーズの3人が参加した "Up Tight" からの曲を合わせて1970年1月にリリース。
ということのようですな。

従ってメル・テイラーはレコーディングのプロデュースではなく、ポストプロダクションを務めたということですね。

"Up Tight" から5曲収録されているのですが、以前のブログで挙げた"Blues Trip"、"Beach Trip"、"Up Tight"以外、"Front Street"と"The Long Wait"ではジェリー・マギーらしきギターが聞こえないのが残念。

H50_back
ライナー・ノーツには書かれていませんが、名スタジオ・ベース・プレイヤーのキャロル・ケイ(Carol Kaye)が自身のサイトでHawaii Five-Oのセッションに参加と記しております。
この人も、もの凄い数のレコーディングに参加しているので、サイトから多くの発見があります。

FSMはボーナス・トラックが多くて嬉しいのですが、今回は無し。
しかし、オリジナル6ミリ 2ch マスター・テープからのデジタル・リマスターは、わたしがこれまで聴いていたスクラッチ・ノイズの入った(これとてかなり細かくノイズをカットしてCD化したのですが)音よりやっぱり聴き易くて御の字であります。

本国アメリカではこの9月から新たなHawaii Five-Oがオン・エアーされているようで、マクギャレット(McGarrett)はもちろん、ダニー(Danny)もチン・ホー(Chin Ho)も登場しております。
オフィシャル・サイトで予告編を見たのですが、オープニングの曲は再録ですがアレンジもあまり変わらず、映像もオリジナルを踏襲していていい感じです。
是非日本でも放送してほしいものです。

P.S.  U.M.E.S.U.G.I.新作乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

うめすぎ夜話 ブリット・マスタング (Bullitt Mustang) Part 4

Mさんのご好意でGREENLIGHTのDIORAMAS SERIES 2のBULLITT (Crash Scene)が手に入りました。

カー・チェイス終盤の、MUSTANGに体当たりされたDODGE CHARGERがホイール・キャップを外しながらガス・ステーションに突っ込むシーンの再現です。
SERIES 1同様、こちらもかなり細かく作り込んでおります。
どちらの車にも激しい体当たりのキズが施され、DODGE CHARGERのドア・ハンドルがトラックとの接触で取れてしまっているところも塗装でキッチリ再現。

Bullitt1_2
MUSTANGには砂埃のヨゴシがかけてあり、フロント・グラスにはショット・ガンの弾痕も。

Bullitt4
Bullitt2
DODGE CHARGERの右サイドのタイヤには前後共にホイール・キャップが付いているのですが、映画ではチェイスの中盤、細いカーブの下り坂で右前のキャップを落としているんですな。

SERIES 1ではMUSTANGのフューエル・キャップにGTと印字されていましたが、今回はちゃんと消してあります。

Bullitt6
1/64ながらいい仕事しております。

さて、GREENLIGHTは年末あたりに1/18の'68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT "BULLITT"を発売予定とか・・・
これも楽しみです。

2月のブログのブリット・マスタング Part 1で書いたMINICHAMPSのMUSTANGのディテールで、サイド・ミラーはマット・ブラックと書いておりますが、改めて映画を観ましたところボディーと同色のハイランド・グリーンでした。

P.S. U.M.E.S.U.G.I.新作公開間近!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

うめすぎ夜話 ブリット・マスタング (Bullitt Mustang) Part3

またまた'68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GTが手に入りました。
さて今回はGREENLIGHTというメーカーの1/64スケールのDIORAMASというシリーズの内のシリーズ1のマスタングと'68 ダッジ・チャージャー(DODGE CHARGER)のセットであります。

Img_0003
映画史に残る名シーン、サンフランシスコの坂でのチェイス・シーンを再現しております。

Img_0004
1/64ながらかなり細密に仕上げられております。
さすがに特徴的なドアミラーは省かれてますが、これとて撮影用に用意された2台のMUSTANGの内の1台と思われる車の写真にミラーがない事が確認できるので、問題ありません。

Img_0008
後輪のフェンダー部のエアー・インテイクの内側にシルバーの彩色を施して実車のクロム・パーツを再現してます。
真横から見ると判りませんが、斜前方から見るとそれが確認できるあたり、かなりこだわってます。

Img_0006_2
リア・パネルはちゃんとマット・ブラックに塗られていますが、真ん中のフュエル・キャップに『GT』と入れてしまったのは残念!
マフラーも片側に2本づつになっちゃってます。
しかし、小さいながらナンバー・プレートはしっかり『CALIFORNIA JJZ 109』を付けております。

Img_0005
スナイパーが乗る'68 ダッジ・チャージャー、これまで全く関心が無かったんですが、こう見るとなかなかカッコイイ車です。
映画ではカー・スタントマンのビル・ヒックマン(Bill Hickman)が自ら運転手役を演じておりますが、その運転振りを助手席に乗る殺し屋役のポール・ジェング(Paul Genge)は「死ぬ程怖かった」と語っております。

GREENLIGHTはDIORAMASのシリーズ2で、カーチェイスの終決、チャージャーがマスタングに体当たりされて軌道を外し、ガソリン・スタンドに突っ込むくだりの、体当たりされて左前後のホイール・キャップが外れたシーンも商品化しております。

Gl56020bsm1               写真はメーカーのサイトより拝借

もうひとつ、チャージャーのホイール・キャップがグリーン・メタリックの限定版もあるようなのですが、いくらメーカー名がGREENLIGHTだからってホイール・キャップの色がグリーンじゃぁ、わたしはちょっと・・・

Greenlight_56010_grn_l

てな感じで、GREENLIGHTの'68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GTと'68 DODGE CHARGER、なかなかいい雰囲気醸し出しております。

業務連絡:Mさん、ありがとうございます。

P.S.
UMESUGIブログをご覧くださった方、是非ホームページ《U.M.E.S.U.G.I.》も ご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

Wow! It's Mr. Gerry McGee himself!

エライものを発見してしまいました。
わたしが勝手に師と仰ぐギタリスト、ジェリー・マギー(Gerry McGee)氏が自らYouTubeにプレイを投稿しておられます!

これはご自宅でしょうか、上下ジャージという極めてお気楽な出で立ちで徒然なるままにギターを弾いていて、たまにヴォリュームやトーンをいじる時にちらりと映る口元は間違いなくジェリー・マギー氏であります。
曲によってサムピックを着けたり外したり。
老眼鏡らしき眼鏡をかけているのも確認できます。
彼のプレイはいくつかYouTubeにあがっていますが、本人も投稿されていたとは!
演奏を終えてビデオを止めるのに画面の方へ手を伸ばして来るのが、いかにも一人で録っている感が出ています。

Gm_les_paul
           (画像をクリックでYouTubeへ)

もうひとつ、67年のボイス&ハート(Boyce & Hart)の映像です。
当時、ジェリー氏は彼らのバンドに在籍して、彼らやモンキーズ(Monkees)のレコーディングに参加していたので、当然テレビにも一緒に出てたんですな。
当て振りですが、ジェリー氏はスマートでカッコイイですねぇ。

Bh            (画像をクリックでYouTubeへ)

67年といえばちょうどデラニー&ボニー(Delaney & Bonnie)の名盤"Accept No Substitute"を録っていた頃で、ポップス、スワンプとジャンルを超えてセッションに大忙しだったんですなぁ。

Delaney__bonnie_1969
そして68年にベンチャーズ(Ventures)に加入して69年に"ハワイ5-0(Hawaii Five-O)"の大ヒットを出すわけですが、この"Hawaii Five-O"、わたしにはどうも腑に落ちない点があるのです。
ドラムの故メル・テイラー(Mel Taylor)氏が「エンジニアからHawaii Five-Oのテーマ曲を聴かせてもらって、ベンチャーズでレコーディングすることを決めた」とインタビューに答えているのですが、"Hawaii Five-O"のオリジナル・サウンドトラック盤にははっきりとProduced by Mel Taylor for Melee Productionsとクレジットされているんですよ。
プロデューサーとして関わっていたわけだからエンジニアから聴かされなくたって曲を知っていたと思うんですがねぇ。

50
50back

この"Hawaii Five-O"のオリジナル・サウンドトラック盤、演奏のクレジットは作曲者のモートン・スティーブンス(Morton Stevens) & His Orchestra(レコード盤の方にはMort Stevens & His Orchestraとなっています)なのですが、A面の6曲目"BLUES TRIP"とB面4曲目"BEACH TRIP"と5曲目"UP TIGHT"はベンチャーズではなかろうかと睨んでおります。
少なくともギターは間違いなくジェリー氏ですよ、これは。
A-6はオーソドックスなブルース進行のアップテンポの曲で、当時キーボーディストとして参加したジョン・ダリル(John Durrill)と思しきオルガンとジェリー氏のギターのアドリブの掛け合いで、ジェリー氏独特のフィンガー・ピッキングが堪能できます。
B-4、5はキーボードがメインのトリップ感溢れるスローな曲ですが、バッキングのギターの指使いは間違いなくジェリー氏です。

ベンチャーズの研究本などで、ベンチャーズ盤Hawaii Five-Oのギターがジェリー・マギーではなく、ドラムもメル・テイラーではないことが明らかにされていますが、わたしの睨み通りオリジナル・サントラ盤の方に参加していたとなると、これは面白いですね。

歳を重ねるごとに冴えて来るジェリー・マギー氏のフィンガーワーク、ジェフ・ベック(Jeff Beck)同様、まだまだ進化を続けております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

うめすぎ夜話 ブリット・マスタング (BULLITT MUSTANG) Part 2

昨夜、ブリット・マスタングのディテールの間違えを書き連ねましたが、その後しげしげと眺めていて決定的なミスを発見してしまいました。

ブリット・マスタングのナンバー・プレートは"CALIFORNIA JJZ 109"なのですが、私が手に入れた物はフロントだけ"CALIFORNIA IJZ 109"になっているではありませんか!!
かなりよく見てみたのですが、デカールの欠けや剥がれではないんですな。
リアは正しいのに何故フロントだけ違うデカールを貼ってしまったのでしょうか?
明らかにリアとは違うデカールです。
もしや他のノーマルの'68 FORD MUSTANGのものではなかろうかと、いろいろ写真を見てみたのですが、黒地に黄色字のCALIFORNIAナンバーはブリット・マスタングだけのようで・・・

ここが違うそこが違うと細かい所を突ついてみたところでナンバーが違うんじゃ決定的にブリット・マスタングではないということになってしまいますなぁ。
それにしてもこれは一体何のナンバーなんでしょう?

こりゃぁ、希少価値出るかな?
出ませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)