« ザ・タイガース@武道館 鑑賞ログ | トップページ | 中国真空管アンプ購入顛末記 »

2012年1月28日 (土)

スピーカーエッジ修理

オークションを覗いていたら
ジャンク扱いのスピーカーを見つけました
音は出るけどエッジがないので三桁の値段からのスタート
ウーハーが修理出来なかったら、ユニットだけ探せばいいかと
とにかくスタジオモニターカラーのこのエンクロージャーが気に入りまして
久しぶりにオークションに参加
で、あっさりと入手。

20120126_1806537_2
まあ、今時こんなスピーカーほしがる人もいないか。

で、とりあえずこのウーハーユニットの径に合うウレタンエッジをネットで注文
探せばあるもんですね

20120126_1806545
ウレタンエッジと接着用のボンドと刷毛、
オークションのスピーカーよりこっちの方が値段が高かったです

さっそく修理開始

20120126_1806539
まずは、エッジの掃除
以前の接着剤を落として(これが結構大変でした)
ユニットのコーン紙の方も接着剤をこそぎ落として

20120126_1806543
下準備が出来たらいよいよ接着
ウレタンエッジのボンドを塗って

20120126_1806589
コーン紙の方にも同じくボンドを塗りまして

20120126_1806546
いよいよ接着、まずはコーン紙とエッジを接着して

20120126_1806547
ボンドが乾いたら
今度はエッジと本体を接着して完成

20120126_1806548
作業時間はそんなかからいのですが
ボンドがかわくまでの待ち時間が長いです。

このスピーカーは
LUXKITから80年頃発売されていたMODEL A-702というスピーカー(30センチ×30センチの正方形)
ネットで検査してもあまり出て来ませんね
20センチウーハー&ツィータの2WAY
低音は箱のサイズからして望めませんが、ロック、ソウルはもちろん
ジャズボーカルなどはかなりいい感じです。
まあ、一歩間違うと体育館の壁にかかっていそうなスピーカーだけど
修理キットとスピーカー本体で1万円ほどだから安いかな。

|

« ザ・タイガース@武道館 鑑賞ログ | トップページ | 中国真空管アンプ購入顛末記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピーカーエッジ修理:

« ザ・タイガース@武道館 鑑賞ログ | トップページ | 中国真空管アンプ購入顛末記 »