« 『大鹿村騒動記』鑑賞ログ | トップページ | ザ・タイガース復活! »

2011年7月30日 (土)

『AkirAika』鑑賞ログ

『大鹿村騒動記』鑑賞後、場所を新宿から四谷に移し、友人の北村晃氏のライブを覗いた。
ギター×2、ベース、ドラムのフュージョン・インスト・バンドで、ギター二人の名前、AkiraとAikaをくっ付けてAkirAika。

Img_0019_2
北村晃氏。
昼の顔はIT会社の社長だが、夜は酒、週末はギターとなかなか忙しい男だ。
わたしとの付き合いも長く、かねてから彼のギターの腕を買っていたのだが、久しぶりに聴くと一段と腕を上げていた。
複数掛け持ちでやっている色んなジャンルのバンド活動の賜物だろう。
ただツラツラとアドリブを弾くのではなく、彼のギターには歌心があっていいのだ。

Img_0024
小野アイカ女史。
若いのに北村氏に負けじといいフレーズを聴かせてくれた。
アタシはネイルアートなんか興味ないわ、そんな暇があったらスケールの練習でもしてた方がいいわ、ってな感じのMiss 335。
カッコイイ!

Img_00291
江川綾女史。
パープルのプレシジョン・ベースが似合う。
終始クールなプレイでギターをサポートするその佇まいは菩薩か観音様か。
思わず合掌。
細く長い指に惹かれちゃったなぁ。

Img_00341
窪耕一郎氏。
レギュラー・グリップのドラミングはタイトでパワフル。
決して派手ではなく、ツボを押さえた気持ちいいドラムだった。
若いヤツはバタバタとうるさいからね。

Img_00041
ギタリスト二人のアイドル、ラリー・カールトンの曲をメインに、パット・メセニーやオリジナルで約2時間。
スローな曲は気持ち良く、スリリングな曲ではこっちも弾いてる気になって力が入り、久しぶりにいいライブを聴いた。

オマケにこのショット。

Img_0030
この顔ができるのはサンタナ以外KITAsanだけだろうな。

|

« 『大鹿村騒動記』鑑賞ログ | トップページ | ザ・タイガース復活! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『AkirAika』鑑賞ログ:

« 『大鹿村騒動記』鑑賞ログ | トップページ | ザ・タイガース復活! »