« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月15日 (水)

ブリット・マスタング(Bullitt Mustang) Part 5 追記

一昨日のブログで紹介した GreenLight の '68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT ”Bullitt” 1:18 、新たに嬉しい情報が入った。

実車ではすべてのエンブレム類を取り外してあるのだが、モデルの方には残念ながらリアにMUSTANGの文字が残っていると書いてサンプルの写真を挙げたが、製品では文字は付いていないそうだ。

Bullitt_6_2
美しいなぁ。
本物と見紛う出来だ。
ナンバー・プレートのフレームが気にはなるが・・・

Steve McQeenの息子のChad McQeenが所有するかなり精度の高いレプリカがこれ。

Chads_mustang_02_2
Chads_mustang_01_2
さすが息子、こだわってます。

あぁ、物欲が押さえきれんなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

ブリット・マスタング(Bullitt Mustang) Part 5

待ちに待ったGreenLightの '68 FORD MUSTANG FASTBACK 390GT ”Bullitt” 1:18 がいよいよ7月に発売されるようだ。

昨年末の発売が噂されながらなかなか情報が入らなかったのだが、HOT WHEELSのBATMOBILE 1:18 も出るといってから2〜3年経ってからの発売だったので、これはまだ早い方か。

昨年の1:64の Diorama Seriesでかなりいい仕事を見せてくれたので、今回の1:18の出来にはかなり期待が持てる。

では検証。

05 いいなぁ。
ホイールのセンターのキャップが無いが、これはプロトタイプらしい。

04 このフォルムがたまらん!
しかしながら、よーく見るまでもなく『そりゃないやろ』な点が幾つか目につく。

まずはサイド・ミラー。
丸型に変更しているのがBullittの大きな特徴なのに、残念ながら角型だ。
位置も三角窓の底辺の真ん中辺りに付けて欲しかったなぁ。
ボディーと同色にペイントしてあるのがせめてもの救いだ。

リア・フェンダーのエア・インテイクがクロームのままだ。
実車はミラー同様ボディーと同じハイランド・グリーンにペイントされている。
映画では、辛うじて内側にクロームが残っているように見える。

リアのリフレクターのトリムもクロームになっている。
これもボディーと同色にして欲しかった。

01 パネルはつや消し黒だしフューエル・キャップも黒、バック・ランプ無し、いいですねぇ!
と思いきや、MUSTANGの文字が残ってる!

ちなみに、リアのパネルは黒ではなく撮影時の反射を防ぐためにつや消しスプレーを塗っただけという関係者の証言もあったが、映像を見る限りつや消し黒に見えるので、わたしはこれを正解としたい。

02 そっけない作りではあるが3本スポークのステアリングに換えてあるし、ここでは見えないがちゃんとマニュアルのシフト・レバーになっている。
ボンネット内のウインカーもちゃんと確認できる。
あ〜、ミラーが四角い、残念!

09 以上、なんだかんだ重箱の隅を突ついているが、やっぱり持っていたい一台だ。

おまけにこれもいい!

03 GreenLightの新シリーズ『Hollywood』の 1974 Dodge Monaco Blues Mobile 1:64
屋根の上に乗せる拡声器は付いてないが、なかなかの出来だ。

このシリーズで Supernatural の Chevrolet Impala '67 4 Door sedan 出してくれないかなぁ。

業務連絡: Mさん、毎度ありがとうございます!

関連ページ:カテゴリー「映画・テレビ」

P.S. U.M.E.S.U.G.I.も見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

扇風機

政府が決定した家庭電力15%削減!
といことで今年の夏は各家庭では節電をがんばらなくてはいけません
特に夏場、電気を使うのがエアコンだそうで
設定温度は高めに、もしくは出来るだけ使わないようにして
この夏を乗り切らないといけません
ということもあって今年は扇風機の売れ行きがいいらしいです、
そこでUMESUGIも暑さ対策のために買いました!

Sh3i0305

扇風機 / SIGMAの「スゴせんぷうき」

電源はUSB、デスク周りのどこでも置ける!ハイパワー3000回転
しかもマグネットがついてるからどこでもくっ付く!

Sh3i0306

このミニ扇風機をですね、私の場合、
スチールラックの棚の下側にくっ付けて
上からぶら下げる感じにして、下に風を送るんですね

Sh3i0308

で、なにに向かって風をあててるかといいますと
コレですね、真空管アンプ。

Sh3i0309

とにかくムチャクチャ熱くなるんですよ、これが
冬場はストーブ代わりにいいのですが夏にはキツイ
ましてエアコンを使わない部屋で真空管アンプつけようものなら
部屋の温度は2〜3度上がるんじゃないでしょうか
コンデンサーを少しでも長持ちさせるために冷やさないといけません。

Sh3i0311

エアコンの温度を控えめにしなければいけない今年の夏
真空管の音を楽しむには小さな扇風機は必需品ですね!

ていうか家庭電力15%削減のおり
真空管アンプなんて使ってはいけませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »