« ダクト | トップページ | 扇風機 »

2011年5月18日 (水)

PCオーディオ再起動

DAコンバーターは、まるでパソコンのように
半年から1年もすると新しいチップが開発され
どんどん音が進化していきます
数年前に、ん万円したようなDAコンバーターが
あっと言う間に1万円切るような値段で出てきます(ヤフオクとかで)
UMESUGIも以前、PCオーディオに片足突っ込んで
DACをいろいろ物色していたのですが、各社からいろいろ発売されたり
それこそ歌や演奏を宅録する人が使うオーディオインターフェイスを
含めると、もう何を買っていいやらで、
PCオーディオからしばらく遠ざかっておりました
かわりにレコ漁りにせっせと励んでいたのですが・・・
また、ここにきてムラムラとDACが欲しくなり
とうとう購入してしまいました
どうせすぐ高音質なチップが開発されてどんどん進化していくんだから
安いやつでいいやということで
またもや、中国物に手を出してしまいました。

Sh3i0230
9980円!
安いとはいえ、なるべく高音質なものがいいと思い
せっせといろんな方のブログを読みあさり
S.M.S.LのSD-1955にしてみました
参考にしたのはこちらのサイト
http://asoyaji.blogspot.com/2011/05/dac_15.html
本当かよ?と思いつつ音出し

Sh3i0228
あれ?
あら!
いいかも!
かなりいいんじゃないの!?
駄耳なもんで、あまり悪いところがわからない
このまま仲間入りか!
と思ったのですが
いくらなんでも1万円切る中華DACとJeff Rowlandの組み合わせは
ないんじゃないのと思いつつ

Sh3i0232
一応、中華アンプ+中華DAC並べて聞いてみました
見た目もなんか落ちつきがいいし
やはり、こちらに仲間入りしたほうがいいか
スピーカーはALTEC 604、中国のアンプとDACに
アメリカ製のスピーカーがグイグイ言わされております。
どうせならスピーカーも中国製にしてテレサ・テンでも聞いてみるか。

|

« ダクト | トップページ | 扇風機 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PCオーディオ再起動:

« ダクト | トップページ | 扇風機 »