« 自作スピーカースタンド | トップページ | 昭和の景色 »

2011年4月 3日 (日)

レコード・カートリッジ

久しぶりにレコードを引っ張り出して聞いております
JOSS STONEの1st、THE SOUL SESSION(2003年)
デビュー当時、アレサ・フランクリンの再来とか騒がれておりました
16才とは思えない歌いっぷり、
60年代、70年代を思わせる音作り
クラシックソウル好きなオヤジにはたまらいアルバム
(アルバムを出すたびに今風のサウンドになっていくので1stばかり聞いてます)

Jossstone1
普段あまりに気にならなかったのだけど、
どうも今日はサ行が気になりはじめて・・・。

Shure2
セカンドシステムのターンテーブルにはSHURE M44Gを付けてます
エネルギッシュで好きなカートリッジだけど
JOSS STONE/CHOKIN' KINDのボーカルのサ行が潰れて聞こえるので
カートリッジを、ORTOFON CONCORDO GOLDに変更

Ortofongold3_2
しかし、やはりサ行が気になる
ケーブルを変えるのも面倒なので、仕舞っていたカートリッジを
引っ張り出してきていろいろ聞いてみました。
(古いカートリジが多いです)

Ortofon4
ORTOFON M15
ちょびっとだけ低音がボヤケるような感じがしたけど
聞く音楽がロックやソウル中心なのでさほど気になりません

Grace5_2
GRACE F8C
バランスがいい感じです、低音も締りあるしサ行も潰れず
安心して音楽が楽しめるという印象

Micro6
MICRO M-2100
針もまだ手に入るようだし、普段ガンガン聞くには
これで十分のような・・・カラッとした音

Empire7
EMPIRE 999 SE/X
ちょっとサ行がきついかな、でも低音はいい
プリアンプのtrebleを絞れば問題ないか
換え針があるなら普段使いたいかも

Audiotechnica8
AUDIO TECHNICA AT150TI(針はATN150MLXに変更)
個人的にはかなり気に入ってるカートリッジ
特にMCINTOSHのC22Rプリアンプ(フォノ)との組み合わせで
グイっと締まった低音、ボーカルにも艶があります
普段聞いてるDENONのMCカートリッジ(103)よりも
なんか好きかも

Mcinc22  
と、まあいろいろ取っ換え引っ換え聞いてみたけど
案外、70年代の割安なカートリッジでロックやソウルは十分かも
という結果となりました。
でも、GRACEの針は欲しいな。

|

« 自作スピーカースタンド | トップページ | 昭和の景色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レコード・カートリッジ:

« 自作スピーカースタンド | トップページ | 昭和の景色 »