« UMESUGI新作アップ! | トップページ | 仕事そっちのけで。 »

2009年6月16日 (火)

ボブ・ボーグル(BOB BOGLE)氏追悼ログ

今日、定期的にチェックしているベンチャーズ(The Ventures)のホームページを見て驚いた。
2009年6月14日、ベーシスト、ボブ・ボーグル(BOB BOGLE)氏が亡くなった。
Venturesのオリジナル・メンバーだ。
ガンだったようだ。
毎年元気な姿を見せてくれていた世界最年長ロック・バンドだが、ここ数年、腰の調子がよくないとかでレコーディングには参加するものの来日の際にはベースの座をボブ・スポルディング(Bob Spalding)氏に譲っていた。
去年はロックの殿堂 Rock & Roll Hall of Fame入りを果たし、今年は結成50周年。
来月からの来日コンサートもちょっとしたイベントになるかなと楽しみにしていた矢先の訃報だ。
またいつか元気な姿でクールなベースプレイを見せてくれることを願っていたのだが・・・
14日といえば、私は偶然にもVenturesの初期のアルバム(Bob Bogleがリード・ギターを弾いている)を次々と朝からかけ続けていた。これも虫の知らせってやつかもしれない。
Venturesは40年前に私に『ギターを弾いてみたい!』と思わせてくれたバンドだ。大げさに言えば彼らの演奏に出会わなければ私の人生は大きく違ったかもしれない。
彼らはよくサーフィン・バンドと思われがちだが、ロックはもちろんカントリー、クラシック、映画音楽、イージーリスニングと幅が広い。それらをベンチャーズ・サウンドにアレンジして聴かせてくれる。ディスコ全盛期にはちょっと不遇の時期を送ったが、それにさえ挑戦していた。
私の場合、彼らの演奏を通してからオリジナルに辿り着き、そのオリジナルの良さに気づかされると言う風に好きな音楽が広がっていった。
そんな訳でギターだけにとどまらず、音楽的影響は多大なるものがあるのだ。
近年、好きなミュージシャンが立て続けに逝ってしまうのがとにかく悲しい。
みんなそういう歳になっているんだなぁ。
Venturesのオリジナル・メンバーはあとドン・ウイルソン(Don Wilson)氏だけになってしまった。
まだまだ元気な姿を見せてくれ、The Ventures!

合掌。

Imgp0001

Imgp0002

2001年に友人が仕事でカリフォルニアのFront Page Studio(一時キーボーディストとしてVenturesに参加していたBiff Vincentのスタジオ)に行った時に偶然隣りにVenturesが入っていて、私の為にもらってくれたサイン。
上部に『To Mr.~』と私の名前が書いてあるのだが、そこはサイン中の写真で目隠し。
右の黒いジャケットを着ているのがBob Bogle氏。

|

« UMESUGI新作アップ! | トップページ | 仕事そっちのけで。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ボーグル(BOB BOGLE)氏追悼ログ:

« UMESUGI新作アップ! | トップページ | 仕事そっちのけで。 »