« UMESUGI新作アップ! | トップページ | おやじ駄洒落しりとり @ 事務所 NO.10 »

2009年5月27日 (水)

うめすぎ夜話 #4 物欲ログ

今回入手したのは "STAND BY FOR ACTION!" THE MUSIC OF BARRY GRAYというCDです。
Standbycd1
ジャケットの写真からお分かりかと思いますが、"THUNDERBIRDS"(サンダーバード)を筆頭に、GERRY ANDERSON氏製作のSUPERMARIONATIONと名付けられた操り人形劇及び'70前後のLIVE ACTIONのTV番組のテーマ曲と劇伴集です。
私は"SUPERCAR"(スーパーカー)あたりからリアルタイムで観ているのですが、続く"STINGRAY"(海底大戦争)、"THUNDERBIRDS"(サンダーバード)、"CAPTAIN SCARLET"(キャプテン・スカーレット)、"JOE 90"(ジョー90)はテーマ曲が日本語の歌ものに差し替えられていて、初めてオリジナルを聴いたのは'81にリリースされた"NO STRINGS ATTACHED"というレコードでした。
Nsa オリジナルと言えども再録ものでしかもMONO、本家BARRY GRAY ORCHESTRAの演奏ってことで納得しておりました。このアルバムはCD化されて今でも入手可能です。





1a 1b
2a 2b
3a 3b
'86と'89にリリースのピクチャー・レコードのそれぞれA、B面

その後、ビデオやLDのオリジナル音声chで音楽もやっと本物を聴き、そして近年、SILVA SCREEN MUSICが続々とGERRY ANDERSON作品のオリジナル・サウンドトラックCDをリリースしております。
Thunderbirds Thunderbirds2
Cs Joe90
1999
今回の"STAND BY FOR ACTION!" THE MUSIC OF BARRY GRAYの特筆すべき点は、未発表作品が多数収録されていることと、過去に出ているサントラとMIX違いだったり(たとえば"CAPTAIN SCARLET"のオープニングはED BISHOPのナレーション無し、”JOE 90"のテーマは先に挙げた再録盤のSTEREO MIX)、それと私が一番好きでありながら未だオリジナルのサントラがリリースされていなかった"UFO"(謎の円盤UFO)のテレタイプ・ノイズ無しのオープニング・テーマがSTEREO MIXで収録されていることですね!
"UFO"の音源が数年前にイギリスのファンクラブ限定でアナログ盤がありましたが入手が面倒くさそうだったので、UFOのサイトでダウンロードできるmp3で我慢しておりました。これはこれで、テレタイプ・ノイズ有り、無しバージョンやレコーディング・セッションやら興味深い音源が沢山あって面白いですよ。
BARRY GRAYの音楽はTHUNDERBIRDSのような壮大なオーケストレイションもいいし、UFOのようなフリージャズっぽいコンボに管のセクションってーのもカッコ良いですな。テレビでは観た覚えがないのですが、"THE SECRET SERVICE"って作品のテーマ曲なんざ混声のスキャット入りのバロックですよ!隙間無く音を埋め込んでいくあたり、さしずめ『サントラの西陣織』って感じですな。
Standbycd2
いやー、テーマ曲はどれも聴いているとなんだか勇気が湧いてきますよ!

|

« UMESUGI新作アップ! | トップページ | おやじ駄洒落しりとり @ 事務所 NO.10 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うめすぎ夜話 #4 物欲ログ:

« UMESUGI新作アップ! | トップページ | おやじ駄洒落しりとり @ 事務所 NO.10 »